ものごとの嘘・本当を見抜く!【フーチ・ハウツー】

フーチによる鑑定

経営者の正しい決断・お悩み解決をサポート
するビジネス開運鑑定士  野田和孝です。

 

経営者は日々、いろいろな判断や決断をしていか
ないといけません。

 

その時にご自分の判断の指針に使っていた
だきたいのがフーチなんです。

 

このフーチを使うと、あたかも超能力者や
霊能者と同じことができるようになります。

 

もちろん同じことができてしまう時点で、
超能力者と言っても良いのでしょうが・・!

 

今回はそのフーチ・ハウツーの一つ
「ものごとの嘘・本当を
見抜く方法!」
をご紹介します。

 

例えばビジネスに限らずですが、

「〜社と一緒に共同開発しました!」とか。
「〜の○○さんとご一緒に△△していました!」とか。
「おかげさまで◯○万人にご愛用!」とか。

などの話やパンフレットを見聞きすることが
ありますよね?

 

うちなんかですとエステサロンも展開して
いますので、このようなお誘いや売り込み
の話が頻繁にあるのです。

 

そのような時には、まず最初に製品やその話
そのものが持つ波動の良し悪しを見て判断
をすれば良いのですが、

 

時にはその事柄の真実、つまり「本当〜?」
を確かめたい、場合もあります。

 

そのような時はどうしたら良いかと
言いますと、

 

その言葉が書いてあるパンフレットがあれば、
その言葉の上に・・、

 

なければ、自分で紙に書いた言葉の上に
フーチを下ろします。

 

そして、心の中か声に出して、
「この出来事が事実であることの波動を教えてください」
とフーチに聞きます。

 

その時に、少しでも、
フーチが動けば、その出来事は「本当」
というこになります。

 

それは、もしこの出来事が事実として存在してい
れば、何らかのエネルギーを持っているので、
測定器としてのフーチがそのエネルギーをキャッチ
して動くからです。

 

次にもしフーチがピクリとも動かなない場合は、
その事実は存在しない、つまり「嘘」
ということになります。

 

この場合は、まったく事実としてのエネルギーが
存在していないので、フーチが検知することがで
きないから動かないということになります。

 

ただし、フーチが動いたからといって、
どの程度「本当」なのかまで見ないと片手落ちです。

 

実際にご相談をいただくセッションでは、本当(事実)
ではあるが、言っていること、書いてあることの
30%程度しか真実はないとか、そこまで詳しく拝見
していきます。

 

その方法の説明は別の機会に改めてご紹介をさせて
いただきたいと思います。

 

このフーチ・ハウツーは、ビジネスに限らずニュース
や新聞などで報道されいることが真実かどうかまで
分かったりしますので、

経営者にはぜひ見つけていただきたい
ハウツーの一つです!

 

現在このようなフーチ・ハウツーを駆使した
ビジネス開運フーチセッションを行っています。